スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

翼が欲しい



なぜ当らぬのか。

12番口径のごついショットガンを構え、一度に500粒もの散弾を虚空にばら撒きながら、
たかが皿一枚をなにゆえ撃ち落せないのか。
ことごとく狙いが逸れるのは、どーしてなのか。
いや。ねらいがそれるっつーか、かっ、カスりもしないんですけど。
そもそも、何発撃っても、当たる気すら起こらないんスけど。
ねぇ、なんで?どうして?

悩みましたよ。ええ。
去年の9月頃から、ず~~っと悩んでおりました。

で。結論です。
当らない理由。

クレーが飛んでるから

…うむ。真理だ。
我ながら奥が深い。

いやいやいや。
ぷぷっ、とか鼻ほじりながら嘲笑ってる場合じやありませんよ、アアタ。
え?射撃場でクレーが飛ぶのは当たり前?
ばっ、ばかやろうおぉっ!!
そんな固定観念や世間の常識ってやつと戦いながら、
俺達は生きて来たんじゃないのか?、
オマエの自由の翼は、いつ折れちまったんだ!!

こほん。
いいですか?考えても見てクダサイ。

標的がね?動いてるんですよ?
ぴゅーっとかいって。
カッションって放出機の作動音が聞こえたかと、2秒後には遥か射程外ですよ。
信じられますぅ?

これはね。陰謀です。
世界的な規模で繰り広げられている邪悪な陰謀なのです。
とある巨大な悪の秘密結社が黒幕です。ここだけの話です。

さあ。年も押し詰まってきた慌しいこの時期に、
実証すべき新たな難題が与えられてしまいました。

皿が飛んでるから当らない。
ならば、止まってる皿になら当るのか。

要するに、クレーはダメでもペーパーターゲットならなんとかなるのか。
え?どうなんだよオイ。

というわけで来週は、
所持許可を得て7年目にして、初めての静的射撃の予定でございます。


準備するもの。
弾。アポロ ターゲットロード(12番) 一発218円(税込み)×20発。
お弁当。お茶。
雨天順延。

ちなみに、この弾(ターゲットロード)には
※スラッグターゲットは標的射撃を目的として開発された装弾ですので、実猟には不向きです
との注意書きがあります。
いわゆる弱装弾ですね。
命中精度はともかく、羽のように軽い柔らかな反動を期待して止みません。


***

キッチンスケールで、各装弾の重さを計測してみました。
ターゲットロードも猟用スラグも、同じく40gです。意外です。
てっきりターゲットロードの方が軽いモンだと思ってたのですが…。

IMG_2990.jpg
IMG_2989.jpg
IMG_2991.jpg


7半24g一発の重さが約34~35gですので、
ターゲットロード、猟用スラッグ共に、弾頭重量は30g程度であると推定されます。


スポンサーサイト

ロンデルの憂鬱

…さて。
実はワタクシ、先日のスキート射撃秘密特訓第一ラウンドにおきまして、
1番から3番まで9枚抜きという、大いなる偉業を達成いたしました。
はいはい。偉業じゃないです。偉業じゃありませんとも。
ただの恥です。あー、すいませんねぇ、へっ。

で。真面目なシューターのワタクシとしては、
一応、無駄とは知りつつ、今回の不調の原因なんぞをつらつら考えてみるワケです。

現象的には、ごく単純でして、
要するに飛んでるクレーの、概ね上か後ろを撃ってるワケなんですが、
その、『上か後ろを撃って外す原因』となりますと、これがなかなか。
一筋縄では。とてもとても。
普通、分かりませんよねぇ。
スコアが崩れる理由なんて。
ざっと数えても568個くらいありますから。不調の原因。

しかぁし!
今回は幸運にも、外した原因を特定できました。
    これです↓。

IMG_2630.jpg

ロンデルが短い!!

高知県西部に位置する、我がホームグラウンドの射撃場では、
装弾を1箱ずつバラ売りしてくれます。
クソ重い弾を持ち運びする必要が無く、
さらに、買ってその場で消費できるため、シューターはもちろん、
生活安全科の皆様にも好評です。
しかも、500発まとめて買う時と単価は同じ。
ああ。なんて良心的なんでしょう。

まとめて買っても安くはならないとも言いますが。

そして今回、便利でお得な場内販売装弾に、驚くべき異変が。
なんと、今回入荷分から、クリアウイナーのロンデルが大幅に短くなっていたのです。
(ご存知とは思いますが、ロンデルってのは装弾のお尻の金属部分です)
目測してみるに、サイズは以前の1/4以下。
winAAとほぼ同じ。驚くべき短さです。
まぁ、コストダウンという止むを得ぬ理由もあるのでしょう。
しかし、いくらなんでもいきなり1/4では、発射の際のフィーリングが違いすぎます。
反動、衝撃、装填時の感触、見た目の高級感、喉ごしのキレとコク、
全てが悪化しています。激変です。
これでは、いかな名手といえども、
ある程度撃ち込んで慣れるまでは、当る筈がありません。

あー、やれやれ。びっくりした。
弾のせいだよ。やっぱりねー。おかしいとは思ってたよ。
ロンデルといえば、発射の衝撃を受け止める重要部品だよ?
こんだけ急に短くなったらオリケンだって外すよ。
え?オリケンは外さない?絶対?
…うーん…。そうだねー…。外さないだろーねー…。
じゃあさ。ToTさんなら外す。あのヒトなら外してくれるよ。きっと。


ちなみにクリアウイナー7半も、ロンデル短くなってました。
おとうたまなら外してくれると思います。きっと。





金魚はムリでも

えー、昔から、
一に鉄砲、二に装弾、三四がなくて五にマイカー
なぁんてことを申しましてな。

江戸時代の小粋な川柳に謳われるくらい、
自動車は我々シューターにとって
必要不可欠。必須の装備であります。

重い銃と、さらにクソ重い装弾を携え、山の中の射撃場まで出かけるとなると、
徒歩や自転車はもちろん、保安上の理由から公共交通機関すら適任ではありません。
近距離なら二輪(バイク)という手もありますが、
やはりタイヤが4つあるほうが楽ちん。

いや、それって別に射撃に限らず、普段の生活でも必要不可欠だろ? とかいった、
実もフタもない議論は、
ひとまずカラーボックス(1980円)の上の段に置いといて。


ひとくちに射撃に供する車と申しましても、
各自求めるものは、まるで違います。

例えば、価格とか燃費とか維持費とか値引きとか。
え?それはお前だけ?
ましてや、狩猟にまで守備範囲を広げるとなると、
もう何がなんだか。


えっと。そうですね。分かりやすく例をあげるなら。

猟期明けの残弾処理大会→駐車場を埋め尽くす軽トラ軍団。
(注1:高知県西部限定)
某所のベレッタカップ→駐車場の8割がベンツとBMW。たまにフェラーリ。
(注2:国産車は350ZとGTRのみ可)


あえて名は伏せますが、事実、ワタクシの知り合いにも、
車内でオデンを煮らんがために、ただそれだけの為に、
バカでかいベンツをぽーんと現金一括購入された方がおられます。
そうかと思えば、
公式戦の待機中、駐車場に日陰が欲しいからという小学生のような理由
跳ね上げ式リヤハッチのモビリオスパイクをお買い上げになられた勇者もいてます。
世の中広いです。


ままっ、ワタクシの理想を言えばですね。


狩猟用四駆にジムニーとランクル70(ディーゼル、MT、シュノーケルインテーク)。
冬場の射撃場通いに、レガシーツーリングワゴン。(中古のGTB。ドアに凹み)
公式参戦時のハッタリ用に、BMWカイエン。…VWだっけかな。
日頃の足に、レクサスとかクラウンハイブリッドとか。なんかそんなの。
そして長期遠征用のクラスCモーターホーム。(25フィート。V8。燃費はリッター2km)  
 うん。こんな感じかな?


…。


…ふと我に返り、現実世界に目を向けると、
車歴10年目を迎えたホンダFitが1台、カーポートに寂しく佇んでおります。
ちなみに、走行距離9万Km。査定額23万円(新車値引き込み)。
足代わりのクラウンハイブリッドが聞いて呆れます


へへーん。別にね。悔しくなんかないもん。
車なんてのは、雨漏りさえしなきゃ何でも良いんだもんねー。


で。
雨漏りしました。 ↓

203.112.45.209-1246544636[1]


スペアタイヤが収まってる、ラゲッヂ下の丸い窪みに水が溜まってました。
ちゃぷんちゃぷん。
あ。水溜りと申しましてもですね。
巷で良く言われる、
金魚が飼えるほどの量ではありませんので、ご安心下さい。


メダカくらいなら、自由に泳ぎ回れるとは思います。







後日談。


ディーラーでの修理見積もり2万円でした。
そんな、雨漏り修理ごときに、現在の車輌価格の1割も出せません。
だいたいね。天井に這ってるゴムの、
            この辺り↓。

203.112.45.209-1246545010[1]

ここいらへんが、いかにも怪しいです。
こうなりゃ自力でなんとかしてみます。


…なんで新車買わないの?って真顔で呟いたそこのアアタ。
放課後、職員室まで来なさい。



« | HOME |  »

cork_board template Designed by WEB Memorandum
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。